ママ女医のつぶやき

すきま時間の作り方〜ダイエット・副業・勉強を頑張りたいあなたへ〜

新しいことを始めたいけどなかなか時間がない…?

新年度まであと1ヶ月を切りましたね。

4月から新しく何かを始めてみようという方も多いでしょう。

「運動の習慣をつけて、ダイエットがしたい」

「今年こそ、副業を始めたい」

「頑張って勉強して、仕事に結びつく資格を取りたい」

「読書をして、自分の知識を深めたい」

そういった強い強い気持ちをもったものの、実際には忙しくてなかなか手を出せなかったり、

せっかく一度初めても、なかなか続けられないという方も多いのではないでしょうか?

今日は、新しい習慣を確実に自分のものにするための方法の一つとして、「すきま時間」をみつける方法をお話しします。

「毎日すること」の中で「数秒待ち時間があるもの」はすきま時間です

みなさんが毎日欠かさずやることはどんなことですか?

そしてその中で数秒〜数十秒のあいだ、待ったりその場で立ち止まったりする場面はどんなシチュエーションですか?

朝のスキンケアで化粧水を両手でなじませる時

食後の5分間の歯磨き

お風呂のシャワーが温まるまでの待ち時間

コーヒーのお湯が沸きそうなのを待っている時

あと2分で焼けるトースト

他の惣菜はできてて、煮物が煮えるまでのあとちょっとの時間

パソコンが立ち上がるまでの時間

我が家のちょっと古いプリンターの印刷待ち

いつもの場所に歩いていくと、いっつも必ずひっかかるあの信号

いつも混んでて2回は必ず待たされるあのエレベーター

そろそろあの人から電話がかかってくるかな…のちょっとした待ち時間

もうすぐ宅急便が来そうだからまだ出かけられないなぁ、とか

あの番組が始まるまであと5分あるぞ…など

これはほんの一例ですが、どれも「すきま時間」です。

ひとつひとつはほんのわずかな時間でも、かきあつめるとしっかりとした「時間」になります。

みなさんの毎日をふりかえってみると、このような「すきま時間」がいくつかあるはずです。

この「すきま時間」を有効に使うことで、自分の目標や理想の姿に一歩近づくことができます。

新しく何かを始めたいならまずは「すきま時間」に始めよう

新しいことを始めるときに、初めっからまとまった時間をひねりだすのはそう簡単なことではありません。

仮に一度頑張ってひねりだしても、まとまった時間を毎日必ずひねり続けられるかどうかはまた別の問題になってきます。

例えば、健康のために毎日1時間の散歩を習慣にしたいと考えたとします。

今はなんとか毎日続けることができていても、例えば梅雨時期になって雨続きだとなかなか散歩にいくことは難しくなってしまいますね。

決して自分のせいではないのに、何日も散歩できなかった結果「あぁ自分は続けられなかった」と感じて、やめてしまいたい気持ちになってしまうかもしれません。

もしくは数年後に転勤で引っ越しをして違う土地に来たとしたら同じように続けられるでしょうか?

近所に歩きやすい平坦な道があればいいのですが、坂道だらけの地域だったら歩くことがちょっとおっくうになってしまうかもしれません。

あとは家族が増えたり、会社での立場が変わるなど、取り巻く環境が変わったとしても同じように続けられそうでしょうか?

産後は自分が想像しているよりも、自分のための時間がとれないものです。

お勤めしている人ならば、何年か後に職場でより責任の大きい立場になって、仕事に割かなければならない時間が増えることも考えられます。

自分は1時間散歩がしたいのに、散歩のための1時間をひねり出すことがどうしても難しい状況になってしまうことも十分考えられるでしょう。

何か新しいことを取り入れたいときは、どんな状況になっても「これならばある程度環境に左右されずに続けられそう」ということを目標設定することも大切です。

なので、どーーしても1時間散歩をすることにこだわりたいならともかく、何か健康のための運動習慣をつけたいならばまずはその場で1回だけスクワットをするというのはどうでしょうか?

これなら場所も時間も道具も要りません

初めは1回から始めて、慣れてきたら徐々に回数を増やしていけばいいのです。

そしてそれを毎日することの「すきま時間」に埋め込むことで、より習慣化しやすくなるでしょう。

次の「すきま時間」が来たら何をするかあらかじめ決めておこう

いざ「すきま時間」ができても

「さぁて、すきま時間ができたから何をしようかな〜」と考えていたのでは

その時間だけで、大切な「すきま時間」がひとつ消えてしまいます。

1日24時間はみなに同じく割り振られていますから、せっかく見つけた「すきま時間」を浪費してしまっては非常にもったいないというわけです。

なので、次の「すきま時間」が来たら何をするかはあらかじめ決めておきましょう

すきま時間」は100%使えなくてもいい

人間どうしてもやる気のでない日もあります。

なかなか腰が上がらない瞬間も絶対にあります。

そんなときは目標のハードルをぐくっと下げて、

「やろうかなと思っただけだけど、そう思っただけで自分はえらい!」と褒めましょう。

なぜならすでにあなたは「すきま時間」を意識できていますから^^

それだけでも十分、過去の自分からステップアップできていますので、たまたまやる気のでなかった自分のことは決して否定しなくてよいのです。

「今はちょっとお休み、その分調子のいい時は頑張るぞ〜」くらいで大丈夫です。

 

少しでもみなさんの毎日のお役に立てたら嬉しいです。

それではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ABOUT ME
メレンゲさん
期間限定専業主婦のマイナー科女医。 2歳のムスコのママ。 ママ目線・主婦目線・ときに女医目線で育児や知育情報を中心に発信しています。 2021年は簿記とブログの勉強中。